結婚指輪と婚約指輪

結婚をする際には、大きく2つ関係している指輪があります。1つは婚約の際、一般的に男性から女性に渡される「婚約指輪」です。そしてもう1つは、結婚式の際に男性と女性とで交換をすることになる「結婚指輪」となります。基本的には前者の方が宝石をあしらった豪華なものになることが多く、後者については比較的簡素な、どちらかというと普段使いされることを想定したデザインのものを選ぶことが多いでしょう。婚約指輪については「給料の3カ月分の価格」というようなキャッチコピーもありましたが、実際にはそこまで高額ではないものを購入する人の方が多い傾向があります。

婚約指輪はデザインが華美であるといった理由から話題となりやすいため重要視されていますが、その後も付ける機会が多いということを考えると、結婚指輪についてもしっかり考えて選ぶべきでしょう。むしろ、男性と女性の両方が付けるということを考えると、結婚指輪にはどのようなものがあるのかよく知った上で選ぶ必要があると言えます。

では、結婚指輪を作るという場合には、どのようなことに注意をして作ることになるのでしょうか?デザインや価格など、結婚指輪を購入する際には気をつけるべきポイントが多くあります。ここでは、そんな結婚指輪購入の際のポイントについて、いくつかの視点から紹介をします。最初に紹介するのは「既存品の購入を行う場合」についてです。その後は「オーダーメイド指輪のメリット・デメリット」などについても紹介します。