オーダーメイドの指輪

それでは、オーダーメイドで、オリジナリティのある指輪を作りたいという場合には、どのような方法があるのでしょうか。この時利用することができるのが、オーダメイドサービスを行っているジュエリーショップです。これについては、ショップによって扱っている場合とそうでない場合があるため、十分確認をしておくようにしましょう。

また、取り扱いがある場合でも、全てのショップで同じような素材、技術を使って加工ができるとは限りません。どの程度の技術レベルで加工を依頼することができるのかについても、事前に詳しく下調べをしておく必要があります。既存品購入の場合と違い、依頼の際に完成品を見ることができるわけではないため、こういった下調べが特に重要になってくるのです。

では、利用するジュエリーショップが決まったら、今度はどのようにデザインを決定するのかについても考える必要があります。まずは指輪に使用する素材について検討する必要があるでしょう。結婚指輪は元々はギリシャから始まったもので、その当時は鉄の指輪が使われていましたが、現在ではプラチナ製や金製のものが一般的となっています。男性がつけることも考えると、あまり華美になりすぎないような色合いの素材を選ぶ方が、その後も長く使いやすくなります。