既存品の指輪

それではまず、結婚指輪を既存品から購入する場合のポイントについて紹介します。この時、最初に考えるべきなのが「どこで購入するのか」ということです。ジュエリーを購入することができるショップであれば、結婚指輪についても取り扱っている場合が多いのですが、実はジュエリーショップによって価格帯がかわってきます。

比較的安価なものから購入できるショップもあれば、高級品の扱いしかないショップというのもあります。そのため、お店を選ぶ前には、結婚後の資金計画などについても考えながら、自分たちの結婚指輪の価格としてどのくらいが適切なのかをしっかり検討しておかなければなりません。これは、互いの金銭感覚について、新しく夫婦となる2人で検討するのにも良いタイミングとなります。

結婚指輪と婚約指輪のどちらにも言えることですが、指輪はお互いに相談をして購入をした方が良いでしょう。特に婚約指輪の場合は、サプライズでプロポーズをするために、男性側が独断で購入するケースも多くあります。しかし、サイズやデザインの好みなどがあるため、どちらの指輪の場合でも一緒に選んで購入した方が、結果的には長く使える良い指輪となる場合が多いでしょう。

また、2人でデザインを決めるオーダーメイドの指輪であれば、さらに特別なものになります。既存品の指輪であっても、十分良いデザインのものはありますが、自分たちのオリジナリティを出すことはできません。